クラウドファンド残り20日!

https://readyfor.jp/projects/hataraku

お陰様で 第二チャレンジ挑戦中です!!

今回は「成長編」として学校卒業してからの障がい者の「働くこと」にフォーカスし、その分野で画期的な取り組みを行う新たな5人の挑戦と、創刊の5人は、2年間でどう成長したか? をとっても明るいトーンで一冊の本にまとめます。

障がい者や社会的弱者に関する報告には、支援やサポートなど、感情に訴えかけ、涙を誘うようなものが多いように感じています。

ですが、誰かに助けてもらうのが当たり前な、日本の福祉の井の中の蛙にいては、私たち当事者が、お客様から“ありがとう!”と言ってもらえるようなサービスをつくることからは、遠ざかるばかりです。

必要なのは、人間としての本当の人権と自立の道を作る手助けをすることです。

楽しいもの・良いものを笑顔で作っている、気が付いたら障がい者のみんなと利益を上げながら働いている、本書ではそんな自然なモデルケースを紹介します。

この本の出版に110万円ほど必要です。その費用の一部である65万円を皆さまにご協力いただきたく、再びクラウドファンディングに挑戦します。

人材不足が社会問題となっている今、「数時間ならば働ける障がい者」「フルタイムが難しいがんサバイバーの雇用」など、多様なスタイルによって解決している事例をお伝えしていきたいのです。

この本を通して、寿命100年時代の働く人に合わせた多様な働き方を考えることで、明るく新たな良い時代を提案したいと思います。